Tri-Seven Roppongi
東京(港区)
Tri-Seven Roppongiは、東京ミッドタウンの向かい、外苑東通りに面した六本木の中心エリアに位置し、特色豊かなグレードA品質のオフィスビルです。
延べ床面積は約31,500㎡(約9,528坪)におよび、ペンブロークのグローバルな知見を活かし、免震構造を含む最先端技術が随所に導入されています。また地上14階地下2階からなる各フロアは、リテールおよびオフィステナントの様々なニーズに適合するよう設計されており、柔軟で使い勝手の良いオフィス環境を提供します。 TRI-SEVEN ROPPINGIは、ビジネス、レジャー、住宅、文化施設等が集積する六本木の中心エリアにて、絶好の立地と環境をリテールおよびオフィステナントに提供します。TRI-SEVEN ROPPINGIは今後、2016年春の竣工に向け、国際都市東京・六本木のターミナルとして、国内外の企業を積極的に誘致する予定です。
物件概要

外苑東通り沿いに面し、六本木駅からすぐ。
東京ミッドタウン入口の真正面に位置する角地。